歯科医院に通う時に考えるのが「いかに痛みなく安心して治療を受けられるだろうか」だと思います。

実際、診療中に感じる痛みは体に良くない影響を与えます。

(たとえば高血圧症の方などは痛みによるストレスで血圧が上昇する危険性があります。)

大橋歯科医院では痛みのない治療を実現するため、様々な設備があります。

歯医者さんは苦手という患者さんや吐き気の強い患者さん、ストレスをかけたくない方(高血圧・糖尿病・心臓病を患
っている人など)や外科手術で術後の腫れや痛みを抑えたい方は是非ご相談ください。

静脈内鎮静麻酔

痛みを与えない治療の分野で現在注目を集めているのが静脈内鎮静法というものです。

点滴で痛みを抑える薬や心を落ち着ける薬を投与することで、痛くない安全な治療ができます。

全身麻酔と違い、術中は意識がありますが、薬物の作用により恐怖心や痛みをほとんど感じなくなります。

痛みがないため血圧の上昇など危険な状態になりにくく、むせたり気分が悪くなるということも抑えられるので歯を抜かなければならない時やインプラントの時に安全な治療ができます。

麻酔をかける前に

表面麻酔

人間は一度痛みを感じるとどうしても意識してしまい、次の痛みに敏感になってしまいます。
大橋歯科医院では麻酔を本格的に始める前に表面麻酔を使います。まず麻酔を打つ部分をしびれさせる事で麻酔の針が刺さる際のチクッという痛みを感じることなく打つことができます。

電動注射器

人は痛みを1度感じてしまうと少しの痛みでも敏感になってしまいます。
麻酔液を入れる際に機械でコントロールすることにより、無痛に近い状態で麻酔を効かせることができます。
大橋歯科医院では治療時間を十分にもうけることにより、麻酔が効いてから治療を行うことで痛みのない治療を目指しています。

細い注射針を使用する

当院では無痛治療を行うために現在発売されている針の中で1番細い注射針を使用しています。

麻酔を体にやさしい温度にする

カートリッジウォーマー

麻酔の注射が痛い原因の一つに麻酔液と人の身体の温度の差による痛みがあります。
大橋歯科医院では最新のコンピューターにより麻酔液を痛みの感じにくい温度に保つシステムを導入する事で患者さんの負担を減らしています。